【建築ソケット】

シンプルな陶器のランプソケットの販売

おしゃれなデザイン照明器具をお探しの方へ

直付照明のオススメの使い方とランプの選び方

HOME陶器のおしゃれなランプソケット > 陶器のランプソケットやデザインされたおしゃれな照明器具をお探しの方へ ランプソケットのおすすめの選び方についてのご案内

シンプルなランプソケットを照明器具として使う建築空間の魅力とは何だと思いますか?建築を邪魔しない究極のミニマム照明と言えるランプソケットから生み出される光の陰影が、空間やインテリアやマテリアルを際立たせます。

光だけが存在して空間を邪魔しない照明器具として、ランプソケットとランプの組み合わせをインテリア空間で使う方法、ランプソケットのおすすめの選び方についてご案内します。建築家やインテリアデザイナーの方、これからマイホームを建てる方におすすめの照明計画です。

 

なお、存在感のないシンプルな光を探している方、おしゃれな陶器のランプソケットを探している方、デザインされた照明器具をお探しの方におすすめのランプソケット「建築ソケット」についてもご紹介します。

照明器具選びにお悩みの方へ

こだわりの空間、素材、デザインで設計したインテリアに、照明器具がなんだか馴染まずに違和感を覚えたことはありませんか?

「空間をダサく見せたくない、シンプルな光が欲しい。」と思っている設計者や、「おしゃれな家を建てる時にどんな照明を使えばいいのか?」と悩んでいる方がたくさんいます。

 

そんな悩みを聞いて、照明設計の立場から制作してきたシンプルな陶器のランプソケットが「建築ソケット」です。

マットな質感の陶器(磁器)でできたシンプルな形、光だけを空間に存在させるランプソケット。

これを使用することが、シンプルな光を実現する解決策となるかもしれません。

 

しかし、ランプソケットを空間の中で使おうと思うと、意外と難しいと悩むこともあるかと思います。

これまで、いろいろな種類のランプソケットを照明設計の中で取り扱ってきた開発者が、ランプソケットを使う時のおすすめの選び方や、ランプソケットの素材/種類をご紹介いたします。

ランプソケットを照明として使う照明デザインから、「建築ソケット」の開発へ

ここ10年程で、ランプソケットを建築で使う手法が建築雑誌で度々見られるようになりました。
ランプだけが建築空間の中で光ることは、建築そのものを際立たせて見える、とても秀逸な照明プランです。

しかしそこに使用されていたのは、照明器具内部の一部品であるランプソケットでした。
「建築ソケット」の開発者は、照明設計の中でこの手法を求められることもあり、デザインされていないただの部品を、こだわりの建築の中に取り付けることを、もったいないと思ってきました。

そこで、デザインされたランプソケットを作ろうと思って、陶器(磁器)のランプソケットを作っている愛知県瀬戸市のメーカーに飛び込み、打合せと試作を重ね、2年の時を経てようやくでき上がったものが「建築ソケット」です。

「建築ソケット」のこだわり
土からできた陶器(磁器)はインテリアのどんな素材にも馴染む存在です。
色はどんなテイストのインテリアにも合う、モノトーンの中から厳選しています。
釉薬を使わずに、素焼きのマットな質感を追求しました。
壁や天井に綺麗に光を反射するシンプルなデザインとサイズを実現しました。

企画・制作・販売まで行うことで、皆様からのご意見をいただき、新たな「建築ソケット」の試作にも取り組んでいます。次作のランプソケットもどうぞご期待ください。

ランプソケットの選び方

これまで、いろんな種類のランプソケットを照明設計の中で取り扱ってきた開発者が、インテリアの中でのおすすめの使用方法、ランプソケットの選び方や、注意するポイントをご紹介いたします。

◇取り付ける場所を考える
天井に取り付ける?壁に取り付ける?
天井に取り付けると、シンプルな小型シーリングライトとして使えます。
ダウンライトのように降り注ぐ光でなく、光がやわらかく広がるので優しい印象になります。
壁に取り付けると、シンプルなブラケットライトになります。ブラケットライトを使うことで、お部屋がおしゃれに見えます。
壁や天井に取り付ける時の取付位置を、目線や動作に合わせて考えると、心地よい光の場所がイメージできます。

◇部屋の雰囲気に合わせる
ランプソケットは、室内のインテリアに使われている色や素材と同系統のものを選びましょう。統一感が出て空間に馴染み、おしゃれな雰囲気にもなります。
逆にランプソケットそのもののデザインがおしゃれでも、部屋に馴染まないと、どうしても違和感が出てしまうものです。
建築素材やインテリアを確認しながら、トータルでコーディネートしてみてください。
選ぶランプソケットの色はもちろんですが、ツヤ有りか、ツヤ無しかも点灯した時に重要なポイントです。

g-01-01.jpg

◇電球の形状に合わせる
電球には様々な形があります。
一般的に多くの方が思い浮かべる電球はシリカランプ型だと思いますが、それ以外にもレトロでおしゃれなエジソン球タイプ、可愛らしい浪漫球型、シンプルなボール型はサイズがたくさんあり、様々なランプが存在します。
インテリアとしてランプソケットを選ぶ際は、ランプソケット自体の高さとランプの口金以外の高さを足した照明器具としての高さを、空間の広さと比較検討して、圧迫感を感じないか?を考慮してください。
お好みの電球の形と組み合わせを楽しむことをおすすめします。

◇使う台数を考える
トイレなどの狭い空間では1台で使うことができます。
広いお部屋で使う場合は、数台で使うことをおすすめします。
6畳のスペースであれば、60W相当のLEDランプを使って4台使用など、部屋の広さやインテリアカラーの濃淡に合わせて考えましょう。
シンプルにシンメトリーに使っても、ランダムに配置してもおしゃれな照明計画になります。


◇「建築ソケット」のおすすめポイント
・シンプルな形状
・高さを抑えたサイズ
・素焼きの陶器の風合い
・壁紙や漆喰などの素材にも溶け込むマットな質感
・どんな場面にも合う、モノトーンのおしゃれな色合い
・白熱ランプ、LEDランプとの相性の良さ
・シーリングライトとしてもブラケットライトとしても使えるデザイン


インテリアを邪魔しない、シンプルでおしゃれなデザインが、マイホーム建設中の方、設計の方におすすめです。

お問い合わせはこちら

ランプソケットの素材

ランプソケットに使われている素材は様々ですが、代表的なものについてご紹介いたします。

 

・鉄(鋼板)

男性的なインテリアなどに似合う鉄のランプソケットは、素朴でシンプルなイメージを与えます。

 

・木

木から作られるランプソケットは、ナチュラルであたたかみのある印象です。

 

・真鍮

鉄よりもやや柔らかさが感じられる素材です。おしゃれで高級感があり、商業施設などでよく見かけます。

g-01-02.jpg

・プラスチック

軽量で扱いやすく、どこにでも手軽に使える万能器具です。

 

・陶器

照明器具内部に使われている部品として製造されているものを、直接壁に取り付ける手法が、近年流行っています。

 

 

◇「建築ソケット」のおすすめポイント

ランプソケットは様々な素材で作られていますが、建築ソケットは陶器(磁器)の壁付け、天井付けの専用ランプソケットです。

茶碗のように大切に取り扱えば、経年劣化の少ない素材なので、住宅にはとてもおすすめです。

さらに、一般的なツヤのある陶器(磁器)ではなく、マットに仕上げてあり、空間との馴染みが良く、インテリアに溶け込みます。

 

陶磁器で有名な愛知県瀬戸市で、一つ一つ丁寧に職人の手で作りあげるシンプルで美しい形は、どのような建築にも馴染むデザインとして、多くの方に愛されています。

シンプルでデザイン性の高い、おしゃれなマット仕上げの陶器製ランプソケット「建築ソケット」

「建築ソケット」は、空間に溶け込む素材と形状を追求し、シンプルに空間に納まり、光だけが存在するように、ミニマムなデザインと色で仕上げたランプソケットです。陶器製のマットな質感がおしゃれなだけでなく、どこかあたたかみを感じられるフォルムです。
建築家の方からもお選びいただいていますので、インテリアにこだわりをお持ちの方にも自信をもっておすすめできる、これからの照明設計を代表する照明器具です。

◇ランプソケットをインテリアで使うシンプルな家づくりのためのポイント
①ランプソケットは、室内のインテリアの色や素材に合わせましょう。
②組み合わせる電球との相性を考えて選びましょう。
③ランプソケットは様々な素材のものがありますが、家を建てるのであれば、永く住む大切なマイホームために、経年劣化の少ない素材を選ぶといいでしょう。
④取付位置に悩まれている方は、ぜひお問い合わせください。

「建築ソケット」はランプソケットを建築で使用することを考えて作られたシンプルで空間に馴染むランプソケット。

お問い合わせはこちら

建築になじむ陶器製のシンプルなランプソケット「建築ソケット」

[会社名]
TOMOSU.D(トモスディー)

[所在地]
〒422-8035 静岡県静岡市駿河区宮竹1丁目10−21 LaGrotte

[TEL]
054-330-1274(090-2924-0473)

[URL]
https://www.kenchikusocket.com/